法然の教え、浄土門

2013年4月26日

万環百話

法然の教え、浄土門
頼朝と法然④
中世まで仏教の教えは、法を学び悟りに至り輪廻から解脱し浄土に至る。これが聖道門。しかし学び・悟りがなかなかできない。保元の乱(1156年)は、崇徳上皇と後白河天皇の天皇家が相争う。思惑・現実から相争う構図が、貴族、武家にまで広がる。そして敗者への配慮なき処断。人の世で古き理念・思想が後退し、思惑が先行し現実・武力が優先すると、天変地異もかさなる。そこで新しい理念・思想が求められ、法然が示す浄土門が登場する。
頼朝と法然
法然の教え、浄土門

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する