頼朝と法然は幼年期、ともに父を殺されている

2013年4月26日

万環百話

幼年期ともに父を殺される
頼朝と法然②
頼朝と法然も武家の家に生まれる。幼少期に父が殺されるところを見るか、それに接することがこの二人以外になかったわけではない。生命(いのち)を守られた子供は、仇を晴らすことをこころに記すか、それを恐れられて寺門に入れられるかする。いずれにしても理解を超える現実に接し、子供自身が大いに悩むことは事実である。頼朝も法然も歴史に登場してくる前に、多くは記録が残らない、この苦しみを過ごす時期がある。それがまた中世である。
頼朝と法然
頼朝と法然は幼年期、ともに父を殺されている

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する