4月、景気のぬけのよさ、さくら祭!

2013年4月4日

春の旅プラン:西宮

4月、景気のぬけのよさ、さくら祭!
山並の景観は甲子園会館の緑釉瓦の屋根に、ぬける景気は武庫川の桜並木に意匠される。大正・昭和のモダンを実感する旅
  • 甲山(かぶとやま)森林公園
    甲山
    かぶとやま
    森林公園

    住所:兵庫県西宮市甲山町43
    Tel:0798-73-4600(甲山森林公園管理事務所)

    治10(1877)年、神戸でコレラが発生。人口増加による水需要の増大もあり、神戸水道敷設の機運が高まり、明治20(1877)年に、横浜水道を敷設したヘンリー・スペンサー・パーマーに設計が依頼される。パーマーの設計が実現するのは大正期。この時、当公園のある甲山に千苅(せんがり)貯水池がつくられた。近代も甲山は聖なる地である。                          

  • 頴川(えがわ)美術館
    頴川
    えがわ
    美術館

    住所:兵庫県西宮市上甲東園1-10-40
    Tel:0798-51-3915

    浜の野毛山と同じく、甲山から夙川は、六甲山系の緑豊かな住宅・別荘地として開発され、多くの財界人や文豪が住むようになる。また、外国の企業が社宅を設けるなど外国人居住者も増え、モダンで美しいまちが形成されていく。阪神間屈指の住宅地にある当館は、長次郎作「赤楽茶碗 銘 無一物」をはじめ、日本・中国の古美術を広範囲に所蔵する。

  • 武庫川女子大学甲子園会館
    武庫川女子大学甲子園会館
    住所:兵庫県西宮市戸崎町1-13
    Tel:0798-67-0290

    館は昭和5年に竣工。帝国ホテルライト館に係わった林愛作の理想のホテルを、フランク・ロイド・ライトの愛弟子、遠藤新が具現化し、「東の帝国ホテル、西の甲子園ホテル」と称される社交場となる。現在は武庫川学院が、六甲山や武庫大橋と協和する有機的建築手法の外観や、日本伝統の意匠を取り入れた壮麗な内部空間を保存しつつ、教育施設として再生している。

  • 西宮さくら祭
    西宮さくら祭
    問合せ先:西宮観光協会
    Tel:0798-35-3321

    季を通じ景観を楽しめる夙川(しゅくがわ)公園は、特にさくらの名所。南北2.8kmにわたり約1700本の桜が植えられ、西宮さくら祭では、桜の下でのお茶会や抽選会、さくらウォークラリー、写生大会などのイベントも開催される。パーマーやライトの知性は、日本人に受け継がれ、本場を上回る美を生み出した。それが西宮の景観であると実感できる祭り!                  

4月、景気のぬけのよさ、さくら祭!

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する