10月、その雅びに驚く高山祭!

2013年4月4日

秋の旅プラン:高山

10月、その雅びに驚く高山祭!
日光東照宮「陽明門」ごとくの屋台登場。高山の匠は冬、京での宮大工の務めで生まれた。美は質量を持つことを知る旅
  • 秋の高山祭
    秋の高山祭
    問合せ先:高山市観光課
    Tel:0577-32-3333

    本三大美祭の高山祭は、祭り自体は金森氏の領地の時代から始まる。巧みな人形の動きを披露するからくり奉納、仕掛けが施された戻し車など、「飛騨の匠」たちの伝統と技術が脈々とうけつがれ、高山祭の屋台は江戸時代後期に花開く。その豪華絢爛さから「動く陽明門」とも言われている。                                                                       

  • 飛騨春慶
    飛騨春慶
    問合せ先:高山市商工観光部観光課
    Tel:0577-35-3145

    騨春慶は、約400年前、金森氏が城下に神社仏閣を造営中、工事に従事していた棟梁高橋喜左衛門が、たまたま打ち割った批目(へぎめ)の美しさに心を打たれ盆に仕上げ、成田三右エ門が木地を生かし、淡黄に黄金色を放つ透漆(すきうるし)で塗り上げたのが始まり。その後板を立体的に仕上げる曲げの技法、透明で木肌の持つ美しさを生かす透漆の製法が磨かれた。

  • 飛騨の家具®
    飛騨の家具®
    問合せ先:協同組合 飛騨木工連合会
    Tel:0577-32-2100

    正時代より豊富に自生していながら、無用の長物とされていたブナ材を西洋から伝わった技法を活用し、曲げて作っていた飛騨の家具。当時は、曲げじわの発生や塗装が剥げるなど苦難が連続したが、もくもくと試行錯誤を続けながら家具は作られた。その真摯なものづくりの精神は現在にも受け継がれ、正当にそのブランドは評価され、全国1位の木製いす・テーブルの産地となっている。

  • 飛騨・高山 秋の文化・産業フェスティバル
    飛騨・高山
    秋の文化・産業フェスティバル

    問合せ先:飛騨・世界生活文化センター
    Tel:0577-37-6111

    年秋に開催され、飛騨の家具のアウトレット市や岐阜の学生家具作品や岐阜・飛騨のデザインなどが展示される。創意工夫に富んだインテリアデザインに触れる絶好の機会として、インテリアコーディネーターやインテリアデザイナーを目指す人たちが注目するイベントでもある。飛騨の味処、各種展示即売会などのイベントが盛りだくさんに行われる。                  

10月、その雅びに驚く高山祭!

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する