10月、人と馬の芸術、駒フェスタ!

2013年4月4日

秋の旅プラン:十和田

10月、人と馬の芸術、駒フェスタ!
馬事公苑の馬の文化資料館「称徳館」を起点に十和田を巡る。馬力があって繊細さが深い東北力の質感を知る旅
  • 十和田湖の紅葉
    十和田湖の紅葉
    問合せ先:十和田湖観光汽船 十和田湖営業所
    Tel:0176-75-0600

    の紅葉、湖面の紅葉、まさに神秘である。流れ入る一切の川を持たない十和田湖、この湖水にはもう一つの世界がこの世にはある、という納得を与えてくれる。その世界とは力を交換しあえる、と。バスターミナル近くから遊覧船が発着し、湖上から眺める紅葉は格別である。湖畔西端の桂ヶ浜から「乙女の像」のある御前ヶ浜までは快適な遊歩道も続く。

                                                      

  • 十和田市現代美術館
    十和田市現代美術館
    住所:青森県十和田市西二番町10-9
    Tel:0176-20-1127

    美術館は、国内外で活躍のアーティストに依頼し、建築や空間と一体となった恒久設置のコミッションワークを展示。韓国のチェ・ジョンファ作の「フラワー・ホース」は、官庁街通り・駒街道と縁の深い「馬」をモチーフにした、高さ約5.5mの彫刻作品である。その堂々としてカラフルな色彩は、馬力があって繊細さが深い東北力を象徴する。

    ※画像:チェ・ジョンファ《フラワー・ホース》
    © Mami Iwasaki

  • 十和田市馬事公苑 称徳館(しょうとくかん)
    十和田市馬事公苑(駒っこランド)
    馬の文化資料館「称徳館」

    住所:青森県十和田市大字深持字梅山1-1
    Tel:0176-26-2100

    くから多くの名馬を輩出し、日本一の規模を誇る軍馬補充部三本木支部があった十和田には日本全国から名馬を求め多くの人が訪れた。十和田市馬事公苑「称徳館」は全国でも珍しい馬の文化資料館。苑内には乗馬や馬車(冬は馬そり)、エサやりなど生きた馬とふれあうことができる「駒っこ牧場」もある。遊具も多数あり、子どもから大人までが一年中楽しめる施設だ。

  • 十和田駒フェスタ
    十和田駒フェスタ
    問合せ先:十和田乗馬倶楽部
    Tel:0176-26-2945

    の里、十和田市で10月に開催される馬にこだわったイベント。人馬一体で豪快、華麗な障害飛越のジャンプ選手権、アクロバット乗りのちびっこ乗馬ショー、サラブレッドからポニーまでの体験乗馬コーナー、駒街道を巡り戻る馬車運行を実施。そして見所は、全国各地の流鏑馬競技上位入賞者が集う流鏑馬選手権。あり得ない間取りで的を射る!           

10月、人と馬の芸術、駒フェスタ!

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する