2月、浅草寺の節分会、七福神の舞!

2013年4月4日

冬の旅プラン:東京

2月、浅草寺の節分会、七福神の舞!
観音さまの前に鬼いず、千秋万歳せんしゅうばんぜい 福は内。めでたく七福神顔見せ奉演。江戸の意気を体感する旅、気は上がる間違いなし!
  • 深川江戸資料館
    深川江戸資料館
    住所:東京都江東区白河1-3-28
    Tel:03-3630-8625

    保ごろの深川佐賀町の町並みを再現した常設展示室では、季節の変化に応じて、生活資料や草花、照明・音響の演出を替え、訪れた人は、年中行事の展示などで江戸情緒を楽しんで実感できる。小劇場が併設され、江戸の芝居小屋の雰囲気で、寄席、語り物、邦楽をはじめ、演劇や講演会などが情緒豊かに開催される。                               

  • 節分会・七福神の舞(浅草寺)
    節分会・七福神の舞(浅草寺)
    住所:東京都台東区浅草2-3-1
    Tel:03-3842-0181(10:00~15:00)

    戸詰めの平戸藩主が隠居後に書いた随筆「甲子(かっし)夜話」は、江戸後期の政治・文化・風俗などを知る重要文献。籠細工の名人が大阪から浅草・両国橋辺にやって来る話もある。「七福神の舞」は、江戸末歌舞伎の劇場「市村座」で、興行に先立つ狂言を再興したもので、節分会に観音さまの功徳を讃えるために奉演される。市村座は静山が描く天保期に、日本橋から浅草に移る。

  • 寛永寺
    寛永寺
    住所:東京都台東区上野桜木1-14-11
    Tel:03-3821-4440

    子夜話に、浮世絵師の歌川国貞に絵を依頼しようとする貴人「輪門」が登場する。輪門とは寛永寺住職である、輪王寺門跡のことを指す。寛永寺は、将軍の帰依を受けた慈眼大師天海大僧正により創建され、山号を「東の比叡山」を意味する「東叡山」と号する。門主には歴代皇子か天皇の猶子(養子)をお迎えし、「輪王寺宮」と称して天台座主の座につくと共に、比叡山、日光山の両山の山主をも兼務した。

  • 東京国立博物館
    東京国立博物館
    住所:東京都台東区上野公園13-9
    Tel:03-3821-9270(総務課)

    戸時代、寛永寺の住職を務める輪王寺宮が住んだ「本坊」の跡に建つのが当館である。明治5(1872)年、湯島聖堂の大成殿で開催された博覧会を機に創立された博物館。所蔵品は国宝87件を含む11万件を超え、日本・東洋美術の流れを概観できる日本最大の博物館である。岡倉天心は明治中期に美術部長を務め、森鴎外は大正期に総長を務めた。                                            

2月、浅草寺の節分会、七福神の舞!

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する