夏、摩耶山四万六千日大祭!

2013年4月2日

夏の旅プラン:神戸

夏、摩耶山四万六千日大祭!
7世紀開山の神戸・摩耶山天上寺。秋の収穫を願い行われた星下り会式。「山河太平記」赤松円心ゆかりの幸運を知る旅
  • 四万六千日大祭(8月8日~9日)(摩耶山天上寺)
    四万六千日大祭(8月8日~9日)
    (摩耶山天上寺)

    住所:兵庫県神戸市灘区摩耶山町2-12
    Tel:078-861-2684

    年8月8日から9日、摩耶山の山頂近くにある天上寺では、四万六千日大祭が行われる。この日にお参りすると、四万六千日お参りしたのと同じ功徳が得られるとか。8月8日の深夜には星下り会式が執り行われ、午前零時になると、秘仏十一面観音菩薩像に向けて、天から除災招福の星が下るという言い伝えがある。     

  • 摩耶自然観察園
    摩耶自然観察園
    住所:兵庫県神戸市灘区摩耶山町2-2
    Tel:078-371-5937(神戸市森林整備事務所)

    星台(きくせいだい)近く、摩耶山の山頂に広がる自然観察園。自然林を生かした散策路が巡らせてあり、自然にふれることができる。豊かな植物を育む摩耶の水の源泉「産湯の井」がここにある。その昔、お釈迦様の産湯に使ったと言われている。摩耶の水といっても知る人は多くはないが、これが流れ、布引の水となる。

  • 布引の雌滝取水堰堤及び取水施設
    布引の雌滝取水堰堤及び取水施設
    住所:兵庫県神戸市中央区葺合町
    Tel:078-322-5871(神戸市水道局経営企画部庶務課)

    故、神戸・布引きの水を世界が知るのか。外航航路で立ち寄る船に積み込まれた神戸の水は、不思議と腐らない、もちがいいと評判になることもあった。布引きの水が出る雌滝にある、取水堰堤及び取水施設。明治33年(1900)3月に竣工した円筒形石積塔屋に半球を載せた石積みの上屋は、文化財として保全されている。神戸の名を世界に広めた源である。   

  • 神戸布引ハーブ園/ロープウェイ
    神戸布引ハーブ園/ロープウェイ
    住所:兵庫県神戸市中央区北野町1-4-3
    Tel:078-271-1160

    崗岩の摩耶山を源流にして、明治期以降、神戸に寄港する外航船が「世界の名水」と讃えた布引の滝や神戸の絶景を眺めながら、ロープウェイで約10分。日本最大級のハーブ園に到着する。季節を彩る約200種75,000株のハーブや花も、園内の庭園風景も、そして見渡す神戸の港も平和である。開港後市政100周年記念事業で開館した。世界に神戸の名を知らしめた地に。

夏、摩耶山四万六千日大祭!

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する