新緑期、神様・ほとけ様十三巡り!

2013年4月1日

春の旅プラン:彦根

新緑期、神様・ほとけ様十三巡り!
彦根藩井伊家30万石は、神仏習合を手厚く保護した。そこに造園事業も育つ。かみごころ、仏心の宿る流れを実感する旅
  • 彦根城
    彦根城
    住所:滋賀県彦根市金亀町1-1
    Tel:0749-22-2742(彦根城管理事務所)

    様なる生命循環を支える琵琶湖は、古代より水運で朝廷を支え、都へ上る要所として城が築かれた。月明かりに浮かぶ美しさが、琵琶湖八景の一つに数えられる国宝・彦根城。約20年をかけて築城された、彦根藩井伊家30万石の城である。江戸時代、当城は江戸幕府の西国監視の拠点だったが、一度も戦をしなかった平和な城である。

  • 龍潭寺
    龍潭寺
    住所:滋賀県彦根市古沢町1104
    Tel:0749-22-2777

    根城近くの当寺は、平安期から源氏に仕えた井伊家の菩提寺で、出身の三河浜名湖近くにある、小堀遠州作庭で有名な龍潭寺から江戸期に移したもの。かつては臨済宗の学問寺として栄え、とくに造園学が有名。そして当時、彦根城とは船で往来できた。ここに小堀遠州をはじめとする近江の土木・作事の妙がある。         

  • 玄宮楽々園(玄宮園)
    玄宮楽々園(玄宮園)
    住所:滋賀県彦根市金亀町1-1
    Tel:0749-22-2742(彦根城管理事務所)

    根城を借景とする当園は、延宝5(1677)年、4代当主井伊直興が造園したもので、名は中国宮廷庭園に由来する。近江八景の琵琶湖を模す大きな池に突き出して臨池閣が立ち、築山に敢えてひなびた客殿の鳳翔台がある。その景観には、中国神仙思想の無、禅宗様浄土景観の空が多層にかさなる。はかなき生命(いのち)に天晴れを見立てる。   

  • 井伊家ゆかりの神様・ほとけ様十三巡り
    井伊家ゆかりの神様・ほとけ様十三巡り
    問合せ先:彦根観光協会
    Tel:0749-23-0001

    緑の5月中旬から6月初め、「井伊家ゆかりの神様・ほとけ様十三巡り」と題し、龍潭寺はじめ井伊家ゆかりの13社寺で秘宝・秘仏の一斉特別公開が行われる。それぞれの寺社の住職・神職の案内による特別拝観も行われる。これがたまらない。本モノを前に、穏やかで深い語りがしみる。琵琶湖の見所景観とかさねると、深く彦根を数奇・スキになる!

新緑期、神様・ほとけ様十三巡り!

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する