4月、癒しの温泉祭り、ゆかしく開催

2013年4月1日

春の旅プラン:豊岡

4月、癒しの温泉祭り、ゆかしく開催!
志賀直哉は豊岡の城崎温泉で事故後の身体を癒す。コウノトリは豊岡の郷で保護増殖後の野生復帰に励む。再生の質感を探る旅
  • 城崎温泉祭り
    城崎温泉祭り
    問合せ先:城崎温泉観光協会
    Tel:0796-32-3663

    賀直哉は、大正2年に列車事故の養生のため兵庫・豊岡の城崎温泉を訪れており、その滞在中の体験をもとに小説「城の崎にて」を執筆。生涯に十数回訪れている。志賀の身体を癒した城崎温泉では、春に、城崎温泉の開祖・道智上人の開山忌を記念して、温泉まつりを開催。温泉街を古典行列や稚児行列が華やかに練り歩く。           

  • 兵庫県立コウノトリの郷公園
    兵庫県立コウノトリの郷公園
    住所:兵庫県豊岡市祥雲寺字二ヶ谷128
    Tel::0796-23-5666

    和46(1971)年、兵庫・豊岡を最後に、日本の空から姿を消した野生のコウノトリ。本公園では昭和40(1965)年からコウノトリの保護増殖と野生復帰に取り組む。ドジョウ、フナなどの魚類をはじめ、カエル、バッタなどの小動物を餌とするコウノトリ。野外のコウノトリが、いかに人里で育つ環境が整えられるか?そのテーマに取り組んでいる。

  • 円覚山宗鏡寺
    宗鏡寺すきょうじ(通称 沢庵寺)
    住所:兵庫県豊岡市出石町東條33
    Tel:0796-52-2333

    寺は桃山から江戸期の禅僧、沢庵和尚が修行した但馬・出石、故郷の寺である。沢庵作の「鶴亀の庭」や「心字の池」、沢庵にまつわる「夢見の鐘」などが残される名刹で、沢庵寺と呼ばれている。沢庵は晩年、徳川将軍家 剣術指南役の柳生宗矩(むねのり)に、剣禅一如の剣術の極意を伝授した。                                               

  • 豊岡鞄
    豊岡鞄
    問合せ先:兵庫県鞄工業組合「豊岡鞄」地域ブランド委員会
    Tel:0796-23-7833

    岡は1000年の歴史と伝統がある日本最大の鞄の産地である。今では伝統工芸品となった柳行李の生産に長く携わり、時代の流れと共にファッション性の高い鞄の生産に移っている。落ち着いてモノづくりができる環境と風土の中、まじめ、丁寧、こだわりを持った職人が技を磨き、高品質な商品を生産することで地域ブランド「豊岡鞄®」は進化し続けている。

4月、癒しの温泉祭り、ゆかしく開催

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する