6月、YOSAKOIソーラン祭に酔う!

2013年4月1日

春の旅プラン:札幌

6月、YOSAKOIソーラン祭に酔う!
間宮林蔵の疑問、オホーツク海の樺太は島なのか大陸の一部か? 北海道立文学館を起点にはじまる札幌の旅
  • 北海道立近代美術館
    北海道立近代美術館
    住所:北海道札幌市中央区北1条西17丁目
    Tel:011-644-6882

    かで壊れやすい自然との共生をテーマにするルイ・コンフォート・ティファニーとも共感する、北海道の芸術家作品がたっぷりと揃う美術館。北海道の生態系は本州とは異なり、ユーラシア大陸と近い。大河アムールからはじまる流氷の旅のように、スケールの大きい生命循環の中で、はかない生命(いのち)を見つめる作品性こそ北海道だ!

  • 豊平峡
    豊平峡
    住所:北海道札幌市南区定山渓
    Tel:011-281-5865(株式会社札幌リゾート開発公社)

    幌の名はアイヌ語で乾いた大きな川「サッポロ・ベツ」に由来する。明治期に函館から政府の開拓使が移され、開発された札幌市に水を供給する豊平峡ダムは、昔アイヌのひとたちが「神の絶壁」と呼んだ豊平峡に造られた。湖と緑が織りなす雄大なる美。そして石狩川を経て日本海にそそぐ豊平川は、ユーラシア大陸に向き合っている。

  • 北海道立文学館
    北海道立文学館
    住所:北海道札幌市中央区中島公園1-4
    Tel:011-511-7655

    ホーツク海の樺太。島なのか大陸の一部なのか?間宮海峡を発見した探検家の旅をリアルに再現した長編小説「間宮林蔵」を書いた吉村昭。吉村作品の直筆原稿も本館・常設展で紹介されている。また北海道文学、日本近代文学の豊富な資料を有し、常設展で、アイヌの文学から現代までの北海道文学の歴史的展開を幅広く取り上げている。

  • YOSAKOIソーラン祭り
    YOSAKOIソーラン祭り
    問合せ先:YOSAKOIソーラン祭り組織委員会
    Tel:011-231-4351

    緑の6月、札幌大通公園を中心に開催されるYOSAKOIソーラン祭。20年前に高知県のよさこい祭りの「鳴子」と北海道の民謡「ソーラン節」をミックスし誕生。各チームの自由な創造性のもと、オリジナリティあふれる演舞が披露される。古代のオホーツク文化と続縄文文化のように、北海道は北と南の文化が出会う北の大地だと実感できる!

6月、YOSAKOIソーラン祭に酔う!

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する