法然のスケールアウト

2013年4月30日

万環百話

法然のスケールアウト
頼朝と法然⑧
法然の理念は、山や寺院に籠ることから山を下りて現世でひとが生きることを肯定した。これは社会イノベーション(変革)である。そしてこの現世肯定につながる理念が、鎌倉新仏教に伝播・スケールアウトしていく。まず鎌倉新仏教とは何か?古代仏教が渡来仏教とすると、それは日本の仏教である。そして法然の理念には、戒律がなく緩さがある。模倣や転移・転換、地域化・独自化が可能で、社会に広く伝播・スケールアウトしやすいのだ。
頼朝と法然
法然のスケールアウト

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する