bosatsu

日本の温もりで包まれる菩薩像

日本の温もりで包まれる菩薩像

仏教の多くは、日本では文字、テキストで伝わる。でも文字だけではよく解らない。平安時代も同じ。この仏画に描かれるのは、明けの明星を象徴する菩薩様。無限に知恵と慈悲が収まる「蔵」、データベースから、人の願いを叶える知恵や知識を与える。日の出前の東の空に輝く金星のように、その背景や周囲は、渋い影に包まれます。この色調を日本では、「幽玄」といいます。人間社会と異界、Another Worldとの臨界点に現れる。展示室で、日の出前をイメージしてみてください。この菩薩様が現れる時の空気、感じられます。

日本の温もりで包まれる菩薩像

国宝 虚空蔵菩薩像 (平安時代・12世紀)
東京国立博物館本館2室(国宝室)2018年10月2日—10月28日

admin日本の温もりで包まれる菩薩像

記事へのコメント欄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

会員登録をして、社会遺産学芸員になりませんか?
登録を行うと、こんなことができるようになります。
1.会員限定の記事をご覧いただけます。
2.あなたのお住まいの地域の情報を、サイトで発信できるようになります。
社会遺産学芸員に登録する